アリシンが健康に一番!

アリシン・にんにくの有効成分を紹介するブログ

天気が不安定な時期で元気のない方

この時期は雨や曇り空が多く何となく元気が出ない・・・
   そんな方が多いと思いますが、そんな時こそ元気食品にんにくを!
      なぜ、にんにくが元気食品と言われるでしょうか?

(1)にんにくに含まれる「アリシン」が人の体内でビタミンB1と結合し「アリチア
   ミン」を作るから。
 ●元気ビタミンと言われるビタミンB1は水溶性ですぐに体外へ排出されてしまうの
  でが、アリシンと結合したアリチアミン脂溶性へと変化して、ず~と体内へ残
  り吸収性を約10倍程度に高める。
 ●アリチアミンは自律神経の交感神経(活動をつかさどる)を刺激して元気になる
 ●アリチアミンは糖と脂質を燃焼し、エネルギーを引き出し体を温め元気になる
 ●アリチアミンはたんぱく質の消化・吸収の働きを助け元気を作る
 ●アリチアミンは男女性ホルモンの増加させたり、精子数を増やす

(2)アリシンが分解する時にできる各種イオウ化合物スルフィド類が働き
 ●アドレナリンやノルアドレナリンの分泌を促進し、疲労の予防や回復を図る
 ●リンパ球の働きを高め、免疫増強効果をもたらす
 ●風邪・インフルエンザなどの予防効果
 ●余分な体脂肪を燃焼しダイエット効果を高める

(3)アリシン以外のにんにくに含まれる元気成分
 ※スコルジニン(強壮作用)、アホエン(抗生活習慣病)、ゲルマニウム、セレニウム
 古代三大医療でもにんにくは元気パワーの源として活用されました。
 みなさんも1日1片のにんにくを常食して疲れ知らず、病気しらずの生活を送りましょう。